Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/a11926240/wordexcelpowerpoint1.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Read Article

広告

文字を斜体にしたり、文字に下線や取り消し線を付けてみよう

広告

この章では文字を斜体にしたり、文字に下線や取り消し線を付ける方法について説明します。
次の例で「2000万円」に取り消し線を付けます。9 初めに「2000円万」をドラッグします。9 次に「ホーム」タブの中の「フォント」グループの中の次の赤枠で囲まれた「取り消し線」をクリックしてください。9 結果は次のようになります。9 次に「ホーム」タブの中の「フォント」グループの中の次の赤枠で囲まれた「斜体」の説明します。
これは選択した文字列を斜体にします。
初めに対象の文字をドラッグしてから、以下の赤枠の「斜体」をクリックします。9 結果は次のようになります。9 次は「ホーム」タブの中の「フォント」グループの中の次の赤枠で囲まれた「下付き」「上付き」の説明をします。99 =>指定した文字をベースの文字の下に配置し、サイズを小さくして表示します。

9 =>指定した文字をベースの文字の上に配置し、サイズを小さくして表示します。
これらの2つの機能は数式や化学などでよく使われます。
では例をみてみましょう。
9という記号の2の部分を小さく下に配置させるので、2をドラッグして選択します。
次に9をクリックしてください。
クリックしますと次のようになります。9 次は9を「5の2乗」に変えます。
初めに「2」を選択します。9 次に9をクリックしてください。
クリックしますと次のようになります。9

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top